閉じる

祖父を見送って参りました

しばらく連続での投稿に努めていましたが、再び投稿が空いてしまいました。

 

 

先日実家から連絡が入り、祖父が亡くなったと聞かされ、しばらく実家に帰省しておりました。

 

父親がいない私にとっての祖父とは母親のお父さんにあたる人で、私は幼い頃から沼津にある祖父の実家でずっと育ってきました。子供の頃からいつも遊んでくれて、厳しい人ではありましたが優しく、私にとっては父親以上に大切な存在だったことは間違いありません。

 

祖父は今月、92歳で亡くなりましたが、最後まで一切家族の手を借りず、自分のことは全て自分でやる人でした。

 

92歳になってもボケることもなく、2輪の自転車を乗りこなして買い物へ行き、普通に歩き回り、ハシゴに登って木の剪定もやる、活力のある人でした。

 

亡くなった原因は脳出血だったそうです。血管の老化が原因で、医師は事前に検査したとしても防ぎようのない発症だったと言っていました。

 

生前「俺は誰にも迷惑掛けずにポックリ死ぬから」と口癖のように言っていましたが、本当に有言実行してしまい、驚くばかりです。

 

そして、年金の受け取り口座には、きっちり葬儀費用分のお金が残されていたそうです。

 

こんな綺麗な生き方が出来る人間がどれほどいるでしょうか。

 

 

 

亡くなった日の朝も、家族が仕事へ行くまでは普通に元気だったそうです。

 

夜勤をやっている弟が午後に起きてきた時、洗濯機の前で倒れているのを発見したと聞きました。

 

亡くなる当日まで、自分で家事をやっていたのです。

 

92年の寿命=健康寿命だった祖父。私ごときにはとても敵わないと感じました。

 

 

私はJR貨物の運転士をしていた頃に祖母が亡くなり、その時には十分な休日も得られず、満足に見送ってあげることが出来ませんでした。

 

ボロボロな人生だからこそ生きろ ~墓前の誓い~

 

その時の後悔があまりに大きかったため、今回は現在のような自分の立場を利用して、心行くまでしっかり見送ってあげたいと思い、約2週間の間、実家の沼津へ帰ることにしました。

 

晩年、寝たりだった祖母と違い、祖父は亡くなる当日までとても元気にしていました。

 

そのためあまりの急逝に実家の家族のショックも大きく、家族のメンタルが落ち着くまでにも相応の時間が掛かることが容易に想像出来ました。

 

 

急いで実家へ戻ると、暗い家の中、無言の家族、家の中に立ちこめる線香の匂い・・・気が滅入るような重苦しい空気が流れていました。

 

そこへ元犯罪者の私が戻ってきます。家族とはまともな挨拶も交わしませんでした。

 

祖父は病院から家に戻され、いつも寝ていたベッドの上に横たわっていました。

 

まるで眠っているような安らかな寝顔で、「じいじ」と声をかけたら今にも起きそうな顔をしていました。

 

しかし触ってみると身体は冷たく、固くなっていて、二度と目覚めることがないという現実が突きつけられます。

 

顔を近づけると、かすかにおじいちゃんの匂いがしました。その瞬間、思わず涙がこぼれます。

 

 

祖父は昭和2年に横須賀で生まれ、戦前に沼津へ移住してきたそうです。

 

東芝の機械工として就職し、産業機械のパーツの原型となる、木型の製作をやっていたようです。

その木工技術は素晴らしいものだったそうで、実家の物置には沢山の木工工具が仕舞ってありました。

 

子供の頃、祖父はその工具を駆使して、私たちのオモチャを作ってくれました。

 

良く飛ぶ竹トンボ、バランス良く浮かぶ木船、竹細工の釣り竿・・・今でも鮮明に覚えています。

 

 

太平洋戦争を経験し、機械工のため徴兵はされませんでしたが、軍需工場となった東芝の社屋には焼夷弾が雨のように降ってきたと聞かされていました。

 

大急ぎでトンネルのある水路の中に逃げ込もうと走っていたら、目の前で同僚が焼夷弾の直撃を受けて即死したと、悲しそうな目で語っていたのを覚えています。

 

そこで直撃を受けたのがその同僚ではなく、祖父の方だったら、母も、兄弟も、私も生まれることはなかったのです。

 

私に限って言えばその方がよかったのか・・・そんなことは考えたくありません。

 

 

戦後の復興から高度経済成長の時代、バブル期、バブル崩壊後の平成不況、そして平成になってから31年が経った令和元年まで、日本にとって最も激動だった時代を生き抜いてきた祖父。

 

そんな時代を生き抜いた祖父の人生のことを思うと、今の私の悩みなど、なんてくだらないんだ? と思うくらい、自分という人間が小さい存在に見えました。

 

 

逮捕された?だから何なんだよ。そんなの自分で撒いた種だろ。おじいちゃんは同じ日本という国に暮らしながら、罪も犯してないのに爆弾落とされて命まで取られそうになったんだぞ。

そんな激動の時代で家族を養い、娘一人、孫3人を育てあげた。その苦労がどれほどの物だったか分かってんのか?

それが自業自得の汚点をネットやらニュースやらで晒されたくらいで何追い詰められたふりしてんだ?なめてんじゃねーぞ!!

 

 

祖父の寝顔を見ていると、不思議と自分自身をそのように責め立てる言葉が湧き上がってきました。

 

そんな言葉を脳裏によぎらせながら流した涙は、悲しみの涙だったのか、それとも悔し涙だったのか・・・

 

 

もう家族の最期の見送りすら妨げられる仕事をする必要もない。だから納得行くまで見送ってあげたい。

 

そう思って実家に籠もりきりで、家族と一緒に祖父に向き合いました。

 

お通夜には母の仕事関係の人も多く参列して下さり、その中にはテレビや新聞、ラジオなどのメディアを通して、私が逮捕された事実を知っている人も大勢いました。

母は、「逮捕された長男も帰ってくるのか?」と、同僚に聞かれたそうです。

 

そんな人間の中で、一遺族として見送りの言葉を述べるのは非常に恥ずかしいことでした。

 

しかし、そんなことよりも純粋に祖父への感謝の気持ちを述べようと心に決め、言葉に詰まりつつも目の前にいる祖父に語りかけるように、最後の言葉を贈りました。

 

 

祖父は世帯主だったため葬儀の後もやることは多く、亡くなった病院での精算、実家の相続の手続き、喪中ハガキの製作まで、出来るかぎりの手伝いをしてから帰ってきました。

 

葬儀用の写真を探すために祖父のアルバムをめくっていると、1958年、ホンダの初代スーパーカブに跨がる若き日の祖父の姿が写っていました。

 

このスーパーカブが発売された時に、祖父は「俺が職場の誰よりも早く新車で購入したんだ」と、誇らしげに語っていたのを思い出しました。

 

それを裏付けるかのように、写真には同僚にカメラを向けられ、まるで役者になったかのように笑顔で新車のカブに乗る姿が記録されていたのです。

 

私の実家には、そんな初代スーパーカブの廃車が眠っています。さすがに祖父の物ではなく、私がスクラップ屋で見付けてきたものです。

 

逮捕される前、それをレストアし、再び祖父に跨がってもらおうと考えた時もありましたが、とうとう叶いませんでした。

 

 

 

やらなかったことを後悔してからでは遅い。

 

 

それが、祖父が命と引き換えに私に教えてくれたことだと思いました。

 

私がもし祖父と同じ寿命を生きられるとしたら、あと61年もあるのです。今の年齢から見れば、やっと3分の1を終えたところです。

 

そんな段階で人生終了のような考え方をしていて、何もかもやることを放り投げているようではもったいない。

 

今の私に与えられた選択肢は確かに他の人より少ないかもしれない。でもだからといって生きられない訳ではない。

 

太平洋戦争の時代を生きた祖父の世代が若かった頃と比べたら、今は無限の選択肢があると言っても過言ではないと思います。

 

だからこそ、典型的な生き方に捕らわれず、こういう立場になってしまった自分だからこそ選択できる生き方を選びたいと、強く感じた帰省となりました。

 

 

家族がまた一人減り、代わりに私に新しい教訓を教えてくれた気がしました。

 

 

今後の人生をどう生きるか。今まで以上に真剣に考えていきたいと思います。

 

 

この記事のカテゴリ「前科者の現実(⓪)」をお読みになりたい方はこちらからどうぞ。↓

 

ストーリーを最初から読まれる場合はこちらからどうぞ。

鉄道会社で働くことへの憧れ ~将来の夢にどんな絵を描いたか?~

 

祖父を見送って参りました」に2件のコメントがあります

  1. 「逮捕された?だから何なんだよ‥‥」
    おじいさんの心の言葉、私も深く胸に刻みたいと思います。決して開き直っている訳ではなく‥‥。
    戦争や戦後の激動期を生き抜いてきた人の前では、実名報道やネット記事で思い悩んでいる自分がひどく小さく見えます。しかしながら昔なら「人の噂も75日」で終わっていた事象がネット等の出現によって一生涯の苦しみをもたらす現在は、或る種の「激動期」のような気もします。

    ‥‥私も母親を亡くした時に上記のような葛藤を感じました。
    私も逮捕された事実を負い目に感じて、親戚が集う告別式で気後れしてしまいました。
    ですがキチンと別れの言葉を手向けることによって、人として大切なものに気付かされました。いかに自分の悩みが卑小なものであるかを痛感しました。
    家族が1人減るという事は、無条件に悲しいのは当然ですが、その死から何を汲み取るか、それが残された者の使命のような気がします。

    1. >RT30さん

      いつもありがとうございます。
      近い人間の死というのは、時に深い意味を持つのだと感じています。生きた時代がたった60年違うだけで、こんなにも違う世の中になっているのです。私たちが今後60年生きたとすれば、きっとその頃には今では想像も出来ない世の中になっているに違いありません。

      「人の噂も七十五日」の時代から、ネットで汚点が一生残る時代へ。そして未来にはどうなっているでしょうか。私はきっと、道を外れた人間の背景を汲み取ってくれる時代が来ると信じています。

      現代では腐ったみかんがあれば、それ自体を排除する文化です。
      でも腐ったみかんは何故腐ったのか?それはもしかしたら、みかん自体に原因があったわけではないかもしれません。新鮮だったみかんを腐らせた原因を突き止め、そこを改善していく。そんな考え方が浸透して欲しいと願うばかりです。

      どんな時代に生まれても最善の生き方はあると思います。それを気付かせてくれるきっかけの一つに、家族の死というものがあるのだと思いました。

      お互いに諦めず、強く生きていきましょう。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

© 2020 運転席と塀の中 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.